【専門家厳選】ベビーモニターおすすめ2機種を徹底解説




乳幼児睡眠コンサルタントのねんねママ(nenne_mama)です。

 

先日Instagramで「買ってよかった育児グッズはなんですか?」と質問を投げかけたところ、ありがたいことに250件以上の回答をいただいたのですが、その中で最も多かったのが「ベビーモニター」という回答でした。

 

ベビーモニターは赤ちゃん用の専用カメラで、離れた場所からでも、暗い寝室にいても赤外線で赤ちゃんの様子を見ることができる機能がついています。

一軒家などでリビングが1階、寝室が2階などという構造の場合や、大人と子供が別室で寝る場合、入退室するねんねトレーニングをする場合は特に用意しておきたいアイテムです。

その他、断りを入れてシッターさん来訪時などにつけるという意見も聞くことがあります。

 

赤ちゃんが寝ている間1人で休みたいけれど、つい心配で寝室に様子を見に行ってしまう(その結果起こしてしまったりする)方にもベビーモニターの導入がおすすめです。

 

この記事ではママたちの口コミで圧倒的に人気の高い2機種を専門家視点での解説を交えながらご紹介していきます。

 

①パナソニック ベビーモニター KX-HC705

パナソニック(Panasonic)
¥14,500 (2021/12/02 16:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

言わずとしれた国内大手メーカー、パナソニックのベビーモニター。

2019年にペアレンティングアワードも受賞しています。

おすすめアイテムの口コミでもメーカー指名で名前が上がることが最も多かったのがこちらです。

 

最大のおすすめポイント:真っ暗でもしっかり映って(ほぼ)光らない! 

 

スムーズな寝かしつけのための寝室環境をアドバイスする時、いつもお伝えするのが「真っ暗」にすること。

しかし、真っ暗にしていると電源ランプの光すら気になってしまうんですよね。

ベビーモニターの赤外線ランプのその一つ。

ベビーモニターは特性上、赤ちゃんの寝ているところのそばに置かないといけず、また赤外線でカメラを映しているため、たいていの製品ではその光を塞ぐと映像が見えなくなってしまうんです。

 

しかし、こちらのベビーモニターは光が気になることなくしっかり映してくれます!

(正面から見ると赤く見えますが、赤ちゃん自身が正面から覗き込むような位置に設置しなければ問題ありません。また、裏側に緑色の電源ランプがありますが、テープやシールなどで隠すことが可能です。)

 

その他にもおすすめポイントがたくさん!

・専用モニターの大きい画面&2倍ズームでよく見える

・モニターからカメラの角度が調整できる

・モニターから声をかけることができる

・動きや声、室温に反応してセンサーが反応

・ホワイトノイズや胎内音の再生ができる

 

赤ちゃんをねんね上手にするためには、泣いたらすぐに駆けつけるのではなく少し様子を見ることが大事なポイントの1つ。

ですが、心配な要素があると、どうしても泣いたらすぐに走っていきたくなりますよね。

ベビーモニターで様子を見つつ、まずはモニターからの声がけで対応などしてみると見守りが実行しやすくなります(話しかける音量が大きすぎると赤ちゃんがびっくりするので注意です)。

カメラ角度がモニターから調整できるので、赤ちゃんがフレームアウトして見えなくなってしまった!ということも防げます。

 

デメリット

・スマホからは見られない

・真正面から覗くと赤いランプが気になる

・センサーの感度が良過ぎてピーピー鳴る

・室温が高めに表示される

・泣いてからホワイトノイズを再生しようとしても「泣いてます」のアラート画面が数秒ごとに表示されて操作できない

 

ユーザーから聞こえる声としてアラートが鳴りすぎるという声も聞かれます。室温自体は実際よりも高く表示されることが多いので(機械の発する熱の関係かもしれませんね)アラートが反応する室温を高めに設定しておくと良いかもしれません。

 

 

②トリビュート ベビモニター BM-LTL2

「えびちゃんのベビーモニター」という認識をされていることが多い、蛯原英里さんがモデルを務めているトリビュート社のベビーモニターです。

こちらの機種もパナソニックとあわせて、睡眠コンサルタント業界でもよく名前の挙がる人気の機種です。

キッズデザイン賞とグッドデザインアワードを受賞している、評価の良い商品です。

 

最大のおすすめポイント:真っ暗でも光らない&オートトラッキング機能で追跡!

 

メーカー側がユーザーの声を聞き「赤いランプが光らないように…」と改良してつくっているのがこの機種。
楽天市場などで商品ページを見ると開発秘話が漫画になって掲載されています。そのストーリーがユーザーに寄り添ってくれていて、とっても好感が持てる商品です!

 

その他にもおすすめポイントがたくさん!

・専用モニターだけでなく、スマホからも確認ができる

・モニターのバッテリーの持ちがいい

・暗闇でもしっかり見られる

・モニターからカメラの角度を操作できる

・温度設定アラーム付

・アラーム音のオンオフなど細かく設定が可能

 

デメリット

・室温設定が高めに出るため、アラームが鳴りがち

・電源の隣にミュージックボタンがあって誤って押しがち

・電源が落ちたり接続が途切れたりすることもある

 

とにかく買ってよかった!の声が多い商品。

ユーザーからは、接続が途切れてコードを抜き差ししないと映らなくなったりすることがあることは指摘されていますが、そういった場合も繋ぎ直せば問題なく動作するようです。

 

 

ベビーモニターは機種が豊富で色々なメーカーから発売されていますが、通信のハッキングなどが指摘されている問題もあります。

安価なものと比較すると少し値が張る2台ですが、どちらも信頼できるメーカーで安心して使える商品ですよ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)