1歳2ヶ月で4時間半〜5時間も連続で起きていられることもある?お昼寝は1回?2回?

こんにちは!

乳幼児睡眠コンサルタントのねんねママ(@nenne_mama)です。

このブログを日頃読んでくださっている方はもう何度となく目にしている「活動時間」という言葉。(お初の方に向けて記事内で解説します!)

それについて質問がきたので回答していきます。

質問
活動時間ってあくまで目安と思って良いのでしょうか?
1歳2ヶ月で4時間半とか5時間とか起きていられるということもありますか?

活動時間とは?

活動時間とは、子供が機嫌よく元気に活動できる時間のことです。

イメージとしては活動限界、みたいに思っていただければわかりやすいと思います。

それを超えてしまうと、体を興奮させるストレスホルモンが出てしまって、ハイパーモードになってしまうんです。

そうなると、本当は眠いのにうまく眠れない!とか、やっと眠れた後もホルモンに邪魔されて睡眠の質が悪く浅い眠りになってしまう(ちょっとしたこと起きやすくなる=夜泣きなどのトラブルにつながる)などということが起こります。

月齢・年齢ごとの活動時間の目安はこちらの表を参考にしてください。


活動時間には個人差がある?

目安はわかったところで、それってどのくらい厳密な決まりなの?というのが今回のご質問です。

もちろん、個人差はあります!

表の目安よりも長く起きていられる子、反対にこの時間まで起きていられずもっと早く疲れてしまう子、などもいます。

個人差というだけでなく、当たり前ですが起きている間にどのくらい運動したか、なども関わってきます。大人だって、走り回ったら疲れて早く眠くなりますよね。

あくまで目安ですが、それでも特に月齢の小さい子については大幅に違うということはあまりないと思っていただいていいと思います。

例えば3ヶ月の子の場合、1時間〜1時間20分が目安ではあるのですが、「うちの子は元気だから2時間半起きてても平気!」ということはほぼないです。

一方でご質問いただいた方のお子さんのように1歳を過ぎてくると起きていられる時間も長くなってきますので、そうなってくると誤差の範囲も広がってきます。

1歳2ヶ月で4時間半以上連続して活動できる?

1歳2ヶ月の活動時間の目安は4時間程度です。

じゃあこれが4時間半起きていたら絶対に起き過ぎか…というとこれは個人差の範囲になってきます。

特に今回の1歳2ヶ月という月齢は、早い子だとお昼寝が2回(朝寝・昼寝)から1回(昼寝のみ)への移行期になってくるので、活動時間が長い日と短い日が入り混じってくることがあります。

端的に言うと…

夜泣きや長時間の寝かしつけなどの睡眠トラブルがなければ気にしなくてOKです!

反対に、夜泣きするとか、寝かしつけに1時間以上かかって疲れてしまう…!などというお悩みがある場合は活動時間が長すぎることが原因になっているかもしれないので、見直しが必要です。

少し早めに寝かせたり、朝寝・昼寝の2回ねんねをもう少し意識して続けてみるというのが改善のコツになってくる可能性があります。

それ以外にもねんねトラブルには様々な原因が絡み合っているので、お子さんの場合はなにが原因となっているのかどう対策すれば良いのか、個人的に相談したい!という方は個別相談にお申し込みください。

「ねんねママちゃんねる」の動画でも解説しています




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)