ごはん食べて!野菜も食べて!我が子の偏食・少食の効果的な栄養補給対策

こんにちは!

乳幼児睡眠コンサルタントのねんねママ(@nenne_mama)です。

 

お子さんの栄養面について、心配になること多いですよね。

うちの娘は野菜が嫌いです。みそ汁に入ってるネギや肉に紛れさせたキャベツくらいは食べますが、野菜丸ごとの形となるとなーかなか…(結構みんなそうですよね…??)

おまけにうちの場合は複数の食物アレルギー持ちなので、食べられるものに制限があります。限られた中で、なるべくバランスの良い栄養を心がけてはいますが、どうしても偏った食事になってしまうこともしばしばあります。

お読みいただいている皆様の中にも

欲しがるものをついついあげてしまう

お菓子や甘いものばかり食べる

用意する時間がなく同じメニューを連発

そもそも食が細い

などお子さんの食事に関する課題をお持ちの方がいるのではないでしょうか。

対策として、

味付けを子どもが好きなものにする

もの(ごほうび)で釣る

好物に仕込んで食べさせる

など毎日忙しい中、血のにじむ努力をあの手この手でやっている人も多いと思います。(そして努力した末に皿をひっくり返されたり、投げられたりするとママの堪忍袋がぷちんっ…ってなりますよね笑)

子どもの健やかな成長には、「バランスの良い栄養」と「十分な睡眠」が欠かせません。しかし、その理想には多くの時間と手間、スキル等が必要になってきます。簡単ではありませんが、自分の子どものために努力は惜しみたくないところです。

今回は我が家で行っている子どもの食事・栄養面の対策についてお話していきます。

多くの栄養を一品で摂取 ボーンブロススープ

我が家では娘の栄養補てんのため、手軽に質の良い栄養を摂取できる「ボーンブロススープ」を活用しています。

ボーンブロススープとは、骨のエキスや、野菜の出汁を一つにしたスープのことで、各々の食材を食べるよりも遥かに効率的により多くの栄養を摂取できます。

これを飲めば、苦手な野菜や不足する栄養を摂れて、子どもの発育にポジティブな影響があると考え、積極的に与えています。

ねんねママ

うちの娘はみそ汁が好きなため、よくみそ汁に冷凍したボーンブロスを溶かして与えています。

このスープは、日本ではまだ注目が小さいですが、アメリカ(特にニューヨーク)では有名で、販売されているものもあります。

また、低価格で自家製スープを作ることも可能です。他記事で紹介しているリーキーガット症候群の対策にもなりますので、栄養対策かつあらゆる疾患・病気の予防効果もあります。

▼作り方も載っているボーンブロススープに関する記事はこちら

腸を癒す魔法のスープ「ボーンブロス」~アトピー、アレルギー、うつなどの対策~

子どもに有害な物質を除去or避ける食事

ボーンブロススープのほか、娘に食事を与える際に気をつけているor工夫していることは

食物アレルギー物質を除去すること

ジュースやお菓子をあげすぎないこと

→砂糖や小麦の過剰摂取を避ける

飲料水や加水調理はミネラルウォーターを使用すること

→水道水の塩素を避ける

野菜や果物は野菜洗いや重曹で洗うこと

→残留農薬を取り除く

これらを意識しています。

ねんねママ

娘はアレルギー体質のため、食物アレルギーがあるものを除去し、腸内環境を整えるのに過剰摂取や添加物を減らす工夫をしています。

子どもの健やかな成長には、栄養補給(足し算)と有害物質を除去・避けること(引き算)も必要です

▼これらの対策の詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

治らないアレルギー、アトピー、うつ症状は腸のせい?~リーキーガット症候群の原因と対策~

手軽に補給 子育て総合栄養サプリメント

我が家では栄養補助として、もう一つ最近取り入れた対策があります。

それは「子育て総合栄養サプリメントmog(モグ)」を摂ることです。

最初に知った時は、子供にサプリメント?!と驚きましたが、とにかく偏食で野菜を食べてくれないことに悩んでいたので、もしかしてこれは良いかもしれない…というのがきっかけで導入してみました!

このサプリメントは、

少食である

制限食でバランスがとりづらい

偏食である

肌がカサカサして、ぐっすり眠れない

持病があり、しっかり栄養を摂りたい

といった子ども向けに開発されたそうです。

サプリの内容

日本初の国産子ども用総合栄養サプリで、マルチビタミンやミネラル、Lカルニチンなど体に必要な栄養素22種を配合しています。

また、我が家のようにアレルギーの気になる子どもにも安心して食べられるよう、乳・卵・小麦は不使用。特定原材料アレルゲン27品目を一切使用していない(除去食)ため、腸にもやさしいサプリです。

合成甘味料(添加物)は使用しておらず、味はこれがサプリメント?と思うような甘酸っぱいパイナップル味です。

※チョコオレンジとチョコバナナの新しい味も開発中とのことです。

入手方法、使用経過など

一部医療機関で導入しているところもありますが、一般的には公式サイトから購入するのが入手する方法です。

値段は、1ヵ月分定期便で2,700円ほどです。

量は10kgのうちの娘の場合で、朝晩に2粒ずつあげています。月齢や体重によって摂取する数は違いますが、多少摂りすぎても問題はないため厳密にやる必要はありません。

味がお子さんに合わなかったら、水やジュースに溶かしてあげることもできます。

親が先に食べてみましたが、大人でもおいしく食べられます。

うちの娘は不思議そうに受け取り、ゴリゴリと噛み砕いたり、ペロペロとなめながら食べたりしています。今のところ、溶かさずとも難なく摂取できています。

ねんねママ

かなり手軽にあげられてます。

サプリの詳細

詳細については、下記サイトをご覧ください。

開発のきっかけなども載っていて、すごく共感できました。キッズデザイン賞受賞も受賞しているようです。

まとめ

子どもを育てるうえで、食事は最も重要なことの1つです。

わかってはいるけど、バタバタしてうっかり手抜きになってしまいがちですよね…

手軽にできることで、今日はちょっと栄養摂らせられたかも!なんて思えるとママの笑顔の時間も増えますよね。

睡眠のためにとっても大事な親子の幸福度を高めることにも繋がります。

▼親子の幸福度と睡眠についてはこちら

睡眠改善やねんトレが上手くいかないときに見落としがちなコツ ~親子の幸福度~

今回は我が家の子どもの食事・栄養面の対策についてお話してきましたが、それは子どもの状態、家庭の状況によって変わるものだと思います。

ここまで読んでいただいた皆様が、普段の子どもの食事を見直すきっかけになれば幸いです。

ねんねママ

それでは、おやすみなさい♬

赤ちゃんのねんねに関する個別のご相談はこちらから。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)